タイ現地採用 タイ生活

海外就職で実現した豊かな生活

更新日:

海外就職自体は色々なメディアから情報を入手できますが、海外就職後の姿を綴った情報は少ないので、将来の姿を想像つきにくいのではないでしょうか?

そこで本日は、私の海外就職直後と5年後の比較という形で、どのように変わったかを公開していきたいと思います。

1. 給与が180%増加しました。

いきなりお金の話しで申し訳ないですが、想像以上の昇給が毎年続いたので、海外就職直後と比較すると約2倍近いお給料を頂いています。以降で書いていきますが、それによって大きく生活の質が変わりました。成長著しい国で就職できたからこそ得られた恩恵だと思っています。本当にありがとうございました。

2.28m2のワンルームから60m2の2ベッドルームに引っ越しできました。

最初からプール、ジム付きの中級マンションに住んでいましたが、荷物が増えて部屋が手狭になったこと、たまに生活品が住民に盗まれるなどセキュリティーの面で不安があったので、タワーマンションに引っ越しを行いました。タワーマンションは掃除や洗濯などのサービスも頼めて一人暮らしには非常に便利です。また住民の層もお金持ちしか住んでいないため、モノが盗まれるなどの心配もありませんし、住民が穏やかに暮らしているので非常に安心して住めるようになりました。またゲスト用のベッドを置いているので、いつでも家族や友達を部屋に迎え入れることが可能になりました。

3.ローカル飯を卒業しました。

ローカル飯も非常に安くておいしいのですが、どうしても脂肪分が高く、野菜も不足しがちになるので、健康面であまりよくありません。私の住んでいる国は、日本料理のみならず、海外の色々な料理店が市内に乱立しているため、値段を気にせずに色々なインターナショナルな料理点で外食ができるようになりました。以前はローカルビールとローカル飯の組み合わせでしたが、今では日本料理店に行けば日本酒か焼酎、イタリアンに行けばワインというように多種多様な食材とお酒を楽しんでいます。

4.マイカーを保有できるようになりました。

私が住んでいる国は車の税金が日本に比べて高く、大体1.5倍ぐらいの値段になってしまいます。したがって海外就職した直後は、車なんて検討する余裕はなかったのですが、今では日本車に乗っています。おかげさまで行動範囲も広がり、週末は気軽に山や海に友達と遊びに行けるようになりました。

5.日本への一時帰国の回数が増えました。

海外就職した直後は1年に1回が限界でしたが、今では年に3回ほど帰国し、できるだけ家族に会う時間を作るよう心掛けています。

6.金融資産が220%増えた。

こちらは想定外でした。節税対策や株式投資を行なっていることもあり、知らない間に結構な金融資産を築いていました。今住んでいる国は、5万円あれば1ヶ月生活できるので、30年近く働かずに生活することが可能です。もちろん、最低限の生活になってしまうので、すぐに仕事を辞めるつもりはありませんが、本業以外で定期収入が作れるようになった時に、セミリタイアとして引退することも考えています。

・さいごに

私の場合は、早期に豊かな暮らしを実現できましたが、それを得るために多くの犠牲(前向きにいうと努力と言い換えてもいいかもしれませんが・・・)を払ってきました。一方、どれだけ頑張っても豊かな生活を送れない海外就職者の方もいるので、大きな格差が存在しているのでしょう。これから海外就職を目指されている方、もしくは海外就職したが生活が安定せず困っているという方がいましたら、海外就職で成功する方法や、失敗しないための方法を他のnoteで語っていますので、ぜひご参考にして頂けましたら幸いです。

以上で、本投稿を終わります。

 

スポンサードサーチ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-タイ現地採用, タイ生活

Copyright© 20代からの海外就職 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.