資産運用

タイ現地採用が5年で1000万円貯めた話

更新日:


タイ現地採用としてバンコクに住んで5年になる。最初こそ金銭面の不安があったものの、支出をうまくコントロールすることで1000万円ほど貯金もできた。本日はタイでの生活も楽しみつつしっかり貯金ができることをお伝えしたい。

・タイ現地採用の生活は楽しいのだ
・収入が低くなることを恐れてはいけない
・固定費はとことん抑えることが重要
・余ったお金は全て投資
・いつの間にか1000万円貯まってた

スポンサードサーチ

・タイ現地採用の生活は楽しいのだ

最初は日本での経歴を捨ててタイで働くことは恐かったけれど、いざ働いてみると日本人の先輩もいるし、現地採用の仲間をいるし、一緒に働くタイ人も優しくて日本で働くよりも楽しい。週末は女の子と遊びに出かけたり、たまに夜遊びもしたりで日本にいたときよりも楽しい。本当に人生豊かに感じたりする。

 

・収入が低くなることを恐れてはいけない

一番不安だったことは収入が下がることだった。ただ実際に生活してみると支出も同じように下がるので全然心配することはなかった。3万円ぐらいで安くコンドミニアムが借りられるし、食費も一食100円以内に抑えられる。それでも、週末は日本食を食べたり、ゴルフや夜遊びでお金を使うこともあるが、トータルで見ると支出は日本に比べて抑えられる傾向にある。

 

・固定費はとことん抑えることが重要

現地採用は車なんて必要ない。バンコク市内に住むのであれば電車・タクシーで十分だ。バンコク郊外の会社に勤めている現地採用は車を支給してもらおう。コンドを買ってもいいが、固定費に見合う利回りが見込めなければコンドを買うよりも賃貸で済んだ方が良い。投機目的であればなおさら他の投資手段を探すべきだ。とにかく無駄な固定費(資産勘定できないもの)を支払うのはやめよう。

 

・余ったお金は全て投資

若いんだから全力で投資しよう。100万円を年利7%で運用すれば10年で200万、20年で400万、30年で800万、40年で1600万円となる。

 

・いつの間にか1000万円貯まっていた

年収300万円(税引後)でも5年で1000万円貯めることが出来た。

年間の支出100万円強程度で内訳は以下の通り。

・家賃36万円(月3万円)
・食費48万円(月4万円、日本食は週2、飲み代は遊興費に含む)
・遊興費15万円(月一のゴルフと毎週末の夜遊び)
・航空券5万円(年2回に本帰国)
・その他 光熱費・電話代・インターネット代など7万円

よって毎年200万円近く貯蓄ができていた。

バンコクで楽しい生活をしながらお金も貯められるなんてタイ現地採用素敵すぎます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-資産運用

Copyright© 20代からの海外就職 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.