タイ生活 早期リタイア 資産運用

現地採用はとにかく金を貯めないと老後に積む件

投稿日:

スポンサードサーチ

目次

・現地採用の老後は予想不能

・年金がもらえない

・インフレ率に気をつけろ

・子供を育てるための費用は半端ない

・老後に積まないために準備すべきこと

 

・現地採用の老後は予想不能

あなたのお祖父さんやお祖母さんは何年も前に仕事を辞め年金をもらいつつ悠々自適な生活をしているのではないだろうか。そして、あなたのお父さんやお母さんも数年で仕事を退職もしくはもう既に退職されている人もいるかもしれない。そして年金の受給を今か今かと待ち構えているのではないだろうか。年金の受給額が徐々に少なくなってきたとはいえ、まだまだ十分年金だけで生活できるぐらいの額は支給されるはずだ。さて、私たちはどうだろうか?特に現地採用として海外に働いている我々は、日本国内に住民票がないため、そもそも年金の保険料の支払い義務がなく、ほとんどの現地採用は老後年金を受け取ることが出来ないだろう。したがって、年金なしでの老後生活が強いられることになる。また、長年現地採用として勤めあげ、老後の生活している方の情報も少ないため、どのような未来になるのか多くの人が予想できず不安に感じているのではないだろうか?

 

・年金がもらえない

さきほども述べたが一番インパクトが大きいのが国民年金を支払っていないがために老後に年金が支給されないことである。サラリーマンであれ、個人事業主であれ、日本に住民票を置いている人は日本の法律の強制力をもって毎月計画的にお給料から国民年金の保険料を支払わなければいけない。一方で、海外在住である現地採用者は、その権利を行使することができないため、海外で受け取った給料から国民年金の保険料が支払われることはない。日本在住であれば、毎月老後のために積み立てられるものが、現地採用者は全て手元に現金として残るのである。これはつまり老後の資金を自分で積み立てないといけないのと同じことを意味する。

 

・インフレ率に気をつけろ

日本は長らくデフレに陥っていたおかげで、ここ10~20年の間は物価が大きく変わっていない。一方で、現在のタイはここ5年でバンコク市内であればクイッティオウが30バーツから35バーツぐらい(20% up)に値上げしており、コンドの価格も大体同じぐらい上昇している。IMFが発表しているタイのインフレ率(以下表)を見てみると、2014年から2018年の5年間のインフレ率を掛け合わせると、大体3%ぐらいになるので、バンコク市内のインフレ率とタイ全体のインフレ率に乖離が見られる。

表 タイのインフレ率(%)

都会のインフレ率が高くなるのは当たり前の話なので実態としては誤っていないのだろう。よってバンコク市内の5年間のインフレ率を20%とすると、年間5%ずつ上昇したということになる。

ここで我々が老後を迎える35年後のバンコク市内の物価を計算してみる。現在と同程度のインフレ率で毎年5%ずつ上昇したとすると35年後には物価は約5倍となっているのだ。例えばクイッティオウ35バーツは175バーツとなり、現在の日本食の価格とそれほど変わらない価格となる。したがって、我々が老後に備えて貯金をするにしてもインフレも含めて考慮しなければならないのだ。

 

・子供を育てるための費用は半端ない

タイという国は教育費用がものすごくかかる。日本人として育てる場合には年間学校の費用だけで最大80万円(通学バス代も含む、入学金45万円は含まない)、インターナショナルスクールに通わせるならば、年間費用はピンキリとなり、安くて確か45万円ぐらいから、高いと200万円近くの費用がかかる学校もある。よって子供の教育費用でほとんど貯金ができないということもあるかもしれない。

 

・老後に積まないために準備すべきこと

1. とにかく消費よりも貯蓄である。まずは老後資金がいくら必要か自分で設定すること。

2. インフレに備え貯蓄は現金で蓄えるのでなく経済に連動する株式や投資信託に替えて蓄えておく。

当然、適当な投資商品を購入するのではなく、破たんリスクが低く、インフレよりも高い上昇率を見込めるものに絞って購入が必要である。

3. 子供を作る。上の項目で書いてある内容と反しているかもしれないが、あなたが老後困ったときに必ずサポートしてくれるはずだ。あなたの支えは一人でも多い方が良いだろう。

 

以上となるが、老後への備えは早ければ早い方がいいだろう。早く行動を起こせば起こすほどより豊かな未来が保証されるはずだ。

 

おわり。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-タイ生活, 早期リタイア, 資産運用

Copyright© 20代からの海外就職 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.