タイ生活

勢い余ってタトゥーを掘ってしまった

投稿日:

バンコクに住んで5年になる。

 

たまたまタイ人の友達カップルがカオサンでタトゥーを掘るとのことだったので、見学がてらついて行くことにした。

 

カオサン通り

タトゥー

カオサン通りでタトゥーを掘ってみた

ヘナタトゥー

さいごに

 

・カオサン通り

カオサン通りは言わずと知れたバックパーカーが集うストリートで、露店、バー、クラブ、マッサージ等の店が連なり、昼夜問わず、観光客で賑わっている。このストリートの中に、何軒かのタトゥー屋があり、タトゥーのコストも安いこともあり、旅行で来たついでにタトゥーを彫って行く観光客も少なくない。

昼間のカオサン

夜のカオサン

・タトゥー

タイでは、若者の間ではファッション感覚でタトゥーを入れている人もおり、日本に比べると、タトゥーに対して寛容である。また、サクヤンと呼ばれるタイの僧侶が行うタトゥーもあり、文化的にもタトゥー=悪い奴という先入観は存在しない。

※サクヤン・・・魔除け・幸運・困難から救ってくれるといった守護効果をもつタトゥーのこと。

 

・カオサン通りでタトゥーを掘ってみた

友達がタトゥーを彫っている間に俺も試したくなってきた。友達によると針で肉をえぐるような痛みが5分ほど続くがそれ以降は何も感じないらしい。初めてなので、難易度が簡単なものを選んだ。彫った絵柄は以下のもの。

 

 

 

 

 

 

 

彼女とペアのタトゥーにした。友達の言っていた通り、痛いのは2、3分だった。

 

というのは嘘です。

 

友達は本当にタトゥーを彫ったが、俺と彼女はヘナタトゥーに挑戦しました。

 

・ヘナタトゥー

ヘナタトゥーとは消えるタトゥーである。大体1週間から2週間程度で自然に跡が消える。ヘナタトゥーの原料は、天然の植物染料「ヘナ」で、肌にペイントすることで皮膚に着色できる。また、かぶれやアレルギー反応も起こしにくく、皮膚に染料で染めるだけなので安全性も高い。

 

タトゥーを入れてから後悔するよりは、ヘナタトゥーで遊ぶぐらいがいいんじゃないだろうか。またデザインに飽きたら別のデザインに変更できるのでそういう楽しみ方もある。

 

・さいごに

タイは日本ほどタトゥーにマイナスな印象はないが、オフィスワーカーであればタイであっても見えるところにタトゥーを施すのは避けたほうが良いだろう。特に日系企業で勤めるならば尚更である。

 

終わり

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-タイ生活

Copyright© 20代からの海外就職 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.