タイ人女性

クラブナンパで女の子を連れて帰った話

更新日:



彼女が数日留守にしていた時期があった。当時まだナンパ熱があったので平日にもかかわらずストリートナンパやクラブナンパに繰り出す。

 

いつものRCAに向かう。当然その前に近くの夜市でエネルギーの補充だ。クラブ初めての頃はストリートナンパからナンパを初めたこともありアルコールなしでどうにかしたいと思っていたが、結果はあまり出なかった。それでアルコールを入れるようにしたら勢いもましてラインゲットできるようになった。

 

そしてその日もしっかりアルコールを取り入れて戦場に向かう。今日は即(ワンナイトセ◯クス)狙いだ。部屋もできる限り女の痕跡に気づかれないようでできる限り綺麗に隠した。

 

いつも通りラインゲットするものの即狙いなのでいつもよりゲットは少なめ。クラブが終了後もめげずに女に声をかける。(シラフだったら絶対できないけどね!)

 

そして3人組が帰ろうとしてるところに声を掛ける。一人は日本語できる太った子、もう一人は韓国かぶれの女の子。メークも韓国風で可愛い。そして最後の一人はタイ人っぽいけどなんか好きなタイプだ。

 

いつも通り適当にこの次に遊びに行こうよと誘ってみると、アソークにあるカラオケに行きたいとのこと。日本語できる女も最初は乗り気だったがなぜか行かないってことになった。

 

あんまり覚えてないけれどクラブの近くで3人と飯を食った後、2人とは別れて俺とタクシーで一緒に帰ることになった。あんまりにも簡単に行き過ぎたのとタクシー乗った瞬間にキスしようとしてくるので、あーこれプロかなと思い、金取られることビクビクし始める。

 

部屋について俺の部屋の夜景を楽しむこともせずシャワー浴びるねとさっさとシャワーを浴びに行く。これ間違いなくきたーっと思い、バイアグラのジェネリック品のシデグラ半錠を急いで飲む。

 

シャワーも俺の番になり、部屋にある金目のものが心配だったが、財布とかタンスに隠して5分ぐらいでシャワーを浴びる。

 

そして合体。シデグラ飲んだから多分相手も満足してくれたはず。

 

朝になっておかわりのセ◯クスをして、怪しい女だったから昼から用事あると嘘ついて帰ってもらう。見送りの最後まで金取られないかドキドキしたが結局取られなかった。

 

ラインも交換せずに惜しいことした。本当に一期一会だ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-タイ人女性

Copyright© 20代からの海外就職 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.