タイ現地採用

日系企業のメリット・デメリット

投稿日:


本日は久しぶりに更新。

ちょっと思うことがあったので気が向くままに書いてみた。

メリット

 

・首になりにくい

仕事ができなくても首になりにくい。首にはならないけれど部門間異動になることもある。しかし、会社の経営状況が悪い場合は、最悪リストラもあるが、そういうケースはあまり多くない。

 

・誰かが面倒見てくれる

ちゃんと仕事を教えてくれる人がいる。海外で即戦力を求めてますと言いながら、ちゃんと指導役はついている。

 

・日本人同僚の仲間意識が強い

数少ない日本人なので、理解し合える部分が多く、仲間になりやすい。困った時に助けてくれるのはやはり日本人。タイ人は知らんぷりという奴が多い。

 

・言葉が出来なくても何とかなる

ひどい英語を話す駐在員とかいるけどそれでも何とかなる。どうやって会社が運営されてんだか?と思うこともあるが、できる人がきっちりやっている。

 

デメリット

・給与が安い

完全に現地給与。会社の利益に関わらず現地給与。完全に駐在員に搾取される。

 

・休日ゴルフ

別に参加強制ではないが駐在員に媚を売る絶好のチャンスなので上昇志向の現採は参加必要あり。

 

・30代半ばになると年下の駐在員も赴任してくる

職位も上、待遇も2倍以上の差が出て普通の神経だったら嫌になる。

 

・責任が重い

同じ職位のタイ人がいれば確実にあなたの方が責任を取られねばならない。これは国民性の違いなのだろうか。

 

・婚期に遅れる

日本人なんでモテることも多いが、日本人としての生活をするには給料が安かったりと中々結婚に踏み切れない。ただ、彼女がいない日本人をあまり見かけないので、女に困ることはないのだろう。

 

最後に

まあ、何が言いたいかと言うと日本企業に勤め続けたら人生積む可能性もあるので、早く気づいて欲しい。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-タイ現地採用

Copyright© 20代からの海外就職 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.